LEDの使用の紹介
Apr 24, 2017

スペクトル光と誘導白色光との関係。 一週間中、可視スペクトルの波長範囲は380nm〜760nmで、赤、橙、黄、緑、シアン、青、紫の7つの色合いですが、これら7色の光は単色光の1種類です。 例えば、LEDピーク波長の赤色光は565nmである。 可視光のスペクトルでは、白色は白色ではなく、白色の7種類の淡い色の白色で構成されているのと同様に、複合光の単色光合成の様々なものであるため、白色光は三色の赤、緑、青の合成でもあります。 したがって、LEDを白色光で発光させるためには、そのスペクトル特性は可視スペクトル範囲全体を含むべきである。 しかし、このようなパフォーマンスを引き出すためには、現在の技術的条件の下では不可能です。 可視光の研究によれば、白色光は、少なくとも2種類の光混合、すなわち2波長ルミネッセンス(青色光+黄色光)または3波長ルミネセンス(青色光+緑色光)を人間の目で見ることができる+赤色光)モード。 両モードの白色光は青色光を必要とするため、青色光の取り込みは、主要な製造企業が追求する「ブルーレイ技術」である白を作るための重要な技術となっています。 現時点では、 "ブルーレイ技術"メーカーの国際的な把握は、わずかなので、ホワイトのアプリケーションは、特に高輝度の白は、中国の昇進につながったプロセスがあります。

関連ニュース